デザインから見る防音室

昔、携帯端末(PDAなど)は物理キーボードとスタイラスペンが付いているものだ。

そう思っていた。

しかし、ある一夜のうちにそれは常識で無くなり、

UI(ユーザインタフェース)に革命が起きた。

デザインという面から常識が覆った。

デザインのスゴさが凝縮された出来事だった。

 

 

防音室にもデザインを求めるのか?

答えは、「はい」。

 

木製防音室パナムルームが、あるデザイナーさんの手によってこの様な外観に仕上がった。

53354647_356115728322872_7781290437410553856_n

他の部屋の雰囲気と同調する様なデザインとなっている。

 

最初にデザイナーさんのラフ図を見たとき、

「本当にできるの?ウチでこんなデザインの防音室が??」

と不安だった。

しかし、この様に出来上がったのを見て、

当時見たラフ図と(個人的に)遜色ない仕上がりになったのでは

と思っている。

 

 

室内も少しだけご紹介する。

大きなモニタとスピーカーを使用し、ここである機器のチューニングが行われる。

53421842_600075907174822_381527141814108160_n

 

 

 

防音室の中を好きなデザインで作り上げる自由が(防音室を)購入された方にはある。

 

私たちは、防音室がある部屋そのものの雰囲気も大事にしていきたい。

人に見せたくなる防音室もあってもいいのではないか。

そんな想いに応えるモノづくりをして行きたい。

 

 

今回いい機会を与えてくださった、ある企業さまに感謝します。

今後も期待に応えられる様に昇進して行きたい。